お手入れの豆知識

ガラスのお手入れ

急熱・急冷を避け、直接火にかけないで下さい、割れる危険性があります。
オーブントースター、電子レンジでの使用も避けましょう。
中性洗剤と、柔らかいスポンジや布でやさしく手洗いしてください。
そして、丁寧にすすぎ、最後にすこし熱めのお湯を使うと水切れがよくなります。
研磨剤やナイロンタワシはご使用にならないで下さい、表面を傷つけます。
また、食器洗浄機の使用もガラスの破損を招きやすくオススメしません。
透明感がなくなったガラスは、半分に切ったレモンか歯ブラシにつけたお酢で磨いていただくと効果的です。
それでも落ちない場合は、それらにお塩をすこしつけて磨いてください。
また、カットの施されたグラスなどは歯ブラシを使って洗ってください。
水滴をふき取る際には、よく乾いた麻布や綿布を使用すると輝きが一層増します。
ガラス食器に直接手を触れない方がきれいになります。
ガラスは製造工程の最後に酸で処理を施し透明度と輝きを引き出します。
アルカリ性の漂白剤の使用は、長い間にはガラスの輝きを失わさせてしまいますので、ご使用にならない方が良いでしょう。
多くの食器洗浄機は専用の洗剤を使い、その洗剤はアルカリであることが多いですのでご注意ください。