お手入れの豆知識

陶器のお手入れ

陶器には土の粒子と粒子にすき間があり、そこに料理の汁が入り込むとシミや匂いの原因になります。(粉引の陶器は特に)
まずは鍋に器がかぶるくらいの米のとぎ汁を入れ、そこに器を浸して30分ほど弱火で煮沸し、そのまま冷まします。
その後ていねいに洗ってしっかり乾燥させてください。
こうすることによって、粘りのあるとぎ汁が土の粒子と粒子のすき間を埋めてくれるので、陶器によごれや匂いがつきにくくなります。
(器によっては、水を含むと色がグレーに変わったり、紋のような模様がでることがございますが、これは粉引などの陶器にみられる特徴ですので安心してお使いください。)
使う前に水またはぬるま湯に浸して水分を充分に含ませ、軽く拭いてから料理を盛り付けてください。
こうする事によって、陶器の保湿性を高める効果もあり、また匂いやシミをある程度防ぐことができます。
陶器は磁器に比べ吸水性が高いので、お使いになった後すぐに手洗いで一枚一枚ていねいに洗い、水気を拭き、よく乾燥させてください。
(浸け置きや、不十分な乾燥はカビや匂いの原因になってしまいます。)
収納するときは、同じ材質や形のものを重ねるようにすると傷つけることを避けることができます。
また、大切な器や縁の薄い器などを重ねる場合は、間に和紙など薄紙をはさむようにしてください。
電子レンジ・食洗機のご使用は、しみやヒビが入ったりする場合がございますので、長く大切にお使いいただくためには、なるべくお避けください。